のあ・りの 2人の成長の記録日記です
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:48:21
先日13日に行われたランドロック講習会に行ってきました。

といっても、私はランドロック持っていません^^;

・ママに少しでも知って気に入ってもらって、今後検討する際にOKが出やすくなるように・・・。

・ランドロック・シェルの設営って似てるらしいので、今後のためのお勉強。

の2点が目的です♪



本当は・・・

写真つきでアップ予定だったのですが・・・

サイズが大きすぎたようでアップできないようです

1枚あたり2.4Mあるって・・・カメラもブログも無知すぎてよくわからないのですが



ということで、写真を見ながら文章だけでいきます^^;

・収納バックは「フライ・インナー」「ポール・他」の2つある。(総重量22kg)

・まずはフライを広げる。このとき、出入り口があるほうが前。

・ポールは全6本。シール等で色分けされている。

・最初は緑のポールを差し込む。(必ず押して入れること)

・黄色のポールを真ん中に通す。(通すだけ)

・次にAフレーム。緑のシールが外側に来るように。

・最初のポールとつなぐときは接続を離してからすると、負荷が軽くなっていい。

・前のAフレームの足をフライの緑の紐のところに差し込む。

・後ろのAフレームを差し込むときにフライが起き上がるので、前の足を仮ペグ止めしておくと楽らしい。

・黒ポールの前にAフレームとフライをバックルでとめる。(上の3箇所)

・次は黒のシールのポール。Aフレームの外側から通す。長いので接続しながら通すといい。

・フレームの最後は真ん中の黄色。これを差し込んでフレームは完成。

・フレームとフライをバックルでとめる。必ず上のほうから。

・ペグは本体・張り綱をしっかりすること。(これにより風速20mの風でも大丈夫らしい)

・本体内側のビルディングテープ付近のペグ打ちは、外側でなく内側に打つ。(広がらないように)

・インナーテントは引っ掛けていくだけ。後方から前へ。

・シールドルーフは「テカテカ」が内側。

・キャノピー跳ね上げは最後。

・キャノピーの二股張り綱は正面と真横方向の90度にするとシワができにくい。



という感じでした。

フライが自立するので、雨撤収の時などは濡れなくて楽ですね~

未来の自分へということで、講習会お開き~



私は何も買いませんでしたが、(スイマセン)

ママは帽子を買っていたようです。

ウチの優劣関係がはっきりとわかりますね
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://noarino.blog62.fc2.com/tb.php/4-9b0d77cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

のありの

Author:のありの
09年7月にキャンプにはまった初心者ファミリー。私・ママ・のあ・りのの4人で、九州を中心に遊んでいます♪どうぞお声をおかけください♪

カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。